【サバゲーに手ぶらで行ってみた!】サバゲー初心者が初めてサバゲーをするのにいくらかかるの?

サバゲーをやりたかったんだけど、実際にやるとどれくらいお金がかかるの?

という話はよく聞きます。

う~ん、ケースバイケースです。

実際に自分で装備品を全部整えるのであれば、エアガン・ゴーグル・グローブ・迷彩服・・・となると2、3万円くらいから必要になります。

確かにサバゲーやるのに最低限エアガン・ゴーグル・グローブは揃えたいところ。

でも面白いかどうかわからない! のにそんなにお金かけてられないですよね。

そこで、とりあえずやってみたい!
という人のために、手ぶらでサバゲーに行ってきました。

 

とりあえず手ぶらでサバゲー行ってみる! のにどれくらい費用がかかるのか?

今回は大阪市のBBGUNというフィールドに手ぶらで行ってみました。

基本的にどのフィールドに手ぶらで行っても各種装備品はレンタルすることができます。

(但し、フィールドによってはレンタルがない場合もあるので事前に確認要)

 

実際に初心者が手ぶらでサバゲーやってみてかかった費用は・・・

この日はセーターにジーパン、スニーカー・・・普通のカッコです。

さすがにこのままではサバゲーはできないので、サバゲーやるのに最低限必要なものをレンタルしました。

・エアーガン(ハンドガン500円)
・フェイスマスク(無料)
・軍手(100円)
(ついでにベストもレンタルしちゃいました。これは格好よかったから・・・)

この3点です。

エアーガンはないと話にならないですよね。

次にフェイスマスク。

防具ではこれは必須です。

BB弾が目に当たれば失明にいたります。

目以外の箇所にBB弾が当たっても、痛いで済みますが、目に当たれば失明につながりますので、ゲーム中は絶対にゴーグルは着用する必要があります。

 

これにBB弾1回分500円、フィールド利用料1,500円(平日夜3時間)

全部で2,600円(税抜)

安っす!!

手ぶらでこの価格!

これなら仕事帰りにでもふらっと行けますよね!

 

この日も1人で来ている人もいれば、3、4人で来ている人もいました。

年齢層がとにかく若いです。若い女性も参加してました。

 

因みにBBGUNさんはこんなところです。

1階は会社のオフィスをモチーフにしたフィールド。

比較的小規模な明るいフィールドなので初めての参加者にも戦いやすい半面、射撃の精密さが求められる性質も併せ持つ為、決して侮ることが出来ない。

 

2階はフィールド両サイドにそびえる三階層のベースタワー。

そしてベースタワー同士を接続するセンターブリッジ。立体的で複雑な構成で、360°全方向に対する警戒が必要になる緊張感溢れる人気フィールド。

で、サバゲーやってみました。

 

これは1階フィールド

5対5で撃ち合うのですが、

どこにでもありそうなオフィスの一角。50㎡くらい?

机やロッカーを盾に防戦したり・・・

でもかなり狭かったので、大抵1、2分でゲーム終了。

狭いのでスリル感はあったが少し物足りないですかね。

 

やはり近距離で撃たれると、上は2枚服着てても痛い!

内ももとか当たり所が悪ければかなり痛~い!

グローブをせずに指に当てられるとミミズ腫れに。。。

 

ベテランの人たちはグローブを装着していない人もいますが、

基本装着している人がおおいですね。

指に当てられると確かに痛い。

初心者の皆さんは是非グローブは装着しましょう。

 

次に2階フィールド

単管や波板などで構成されています。

1階フィールドより数倍広いですね。

とはいえかなり入り組んでいるので、1階フィールドよりスリル感はあります。

更に2階フィールドは3階にも登れるので、3階から狙われるスリル感も。

 

 

以上、ゲームは3時間だけでしたがが、やっぱりサバゲー面白いですね。

友人とゲームに参加した方がより楽しいとは思いますが、1人で参加しても全然大丈夫ですね。

これなら手ぶらでいけるので、ホントに仕事帰りにカラオケ行く?サバゲー行く?というレベルですね。

 

このように手ぶらでサバゲーフィールドに行っても、

装備品はすべてレンタルでサバゲーを体験することができました。

インドアは当たったときの痛さがありますが、

十分に楽しめるので、手ぶらで気軽にサバゲーをできるのがいいですね。

 

コメントを残す

サバゲー装備品の専門店Sabastaです。 非表示