サバゲー フェイスマスクのおすすめ10選!! 種類別ランキングから選び方や付け方まですべて紹介します。

サバゲーに参加するためには、BB弾から身を守る防具が必須になってきます。

防具の中でも最重要装備といってもいいのがフェイスマスク(フェイスガード、頬付け と呼ぶこともあります)です。

フェイスマスクは顔を保護する大切な装備になります。

しかし、その種類も多く値段も幅広くどのフェイスマスクを選べばいいのか悩む人も多いかと思います。

そこで今回は種類別のおすすめフェイスマスクの紹介や選び方・使い方・組み合わせ方法などについて説明したいと思います。

この記事を読むと、フェイスマスクに関する基礎知識はバッチリ抑えることができます。

【初心者向けサバゲーおすすめの装備品】 はこちらから

 

この記事の目次

サバゲー用のフェイスマスクとは?

サバゲーをやっているとどうしてもBB弾が身体に当たってしまいます。

そのBB弾から顔へのダメージを防いでくれるのがフェイスマスクです。

フェイスマスクにも様々な種類があり、顔全面をガードしてくれるフルフェイスマスクや、口元だけガードしてくれるハーフマスク、鼻や口元を布で多くだけの簡単なものまで。

その他装備品との組み合わせによっても装着するフェイスマスクは変わりますので、サバゲーで使える種類別おすすめのフェイスマスクを紹介していきたいと思います。

 

サバゲーでフェイスマスクは必要なの?

サバゲーを行う上で、必ず参加者が知っていないといけないのが、レギュレーションと言われるフィールドごとに設定されたルールです。

サバゲーをするにあたりゴーグルについてはすべてのフィールドで必須ですが、フェイスマスクもしくは、顔を覆うスカーフ等についてはフィールドによっては異なり、必須であるフィールドもあります。

フィールド運営者の立場として、「参加者には楽しくサバゲーをやってほしい。」と思っているところが多いはずです。

もちろん、「みんなで楽しく。」は競技する上で大切なことですが、同時にトラブル回避にも繋がっています。「痛い!」という感情から、喧嘩に発展する場合があります。

運営者としては、とても困りますね。

怪我なく、喧嘩なく、楽しくサバゲーができるようにするための配慮の一つが、フェイスマスクの着用義務となるわけです。

CQBと呼ばれるような、建物や障害物が入り組んだフィールドでは、バッタリ敵と出会うこともしばしばで、至近距離からの当てられることもあります。

至近距離からのBB弾を当てられると相当痛くて、当てられた箇所にアザが残ることも多いです。

 

サバゲーでフェイスマスクを装備するメリット1「痛くない!!」

ゴーグルしか装着しておらず、顔に当てられれば「ヒット」コールよりも、「痛っ!!」が先行してしまいます。

これが鼻や頬骨など敏感な部分に当たったときには涙が出るほど。。。

これだけ痛いのに、当たる確率が高いのが顔です。

その理由は、相手を確認するためにどうしても顔が障害物から出てしまうためです。

クイックピークによる一瞬の顔出しでも、上級者はその一瞬を狙っています。

ですので、パソコンや家庭用ゲーム機等のシューティングゲームで特別な得点となる「ヘッドショット」は、実際にはよくあります。

布やスカーフ、ネックウォーマー等、顔の露出を少なくし、当たっても直接ではなく、何かしらBB弾と肌との間に挟むことが痛みの軽減に繋がります。

布やスカーフ、ネックウォーマーも格好いいですが、機能性を考えると、サバゲーでのフェイスマスクの装着をおすすめします。

 

サバゲーでフェイスマスクを装備するメリット2「バレにくい!!」

季節にもよりますが、肌の色は意外と目立ちます。

特に春夏は、枯れ葉が少なく日本人の肌の色は目立ってしまいます。

今はフェイスマスクの品揃えがかなり増え、安価でいいものが手に入り易くなりました。

自分が愛用しているものは、一つは迷彩柄、もう一つは黒一色のものを使っています。

その時に行くフィールドによって、使い分けています。メッシュを使っているため、最初はこれで効果があるのか心配でしたが、少し離れて着用しているところを鏡で見ると、抜群の効果がありました。

自己満足的なところはありますが、BDUと併せてフェイスマスクも統一感をもたせると、見た目がすっきりし、思わず「おお。」とつぶやいてしまったのを覚えています。

機能性も大切ですが、バレにくくなって、しかも格好良くなれば言うことなしです。

 

サバゲー用フェイスマスクの種類

一体型と分離型のフェイスマスク

フェイスマスクには大きく分けて2種類が存在します。

1つは、目を保護する物と一体になっている、一体型のフェイスマスク。

もう1つは、目を保護する物が付いておらず、主に鼻・頬・口を保護する、分離型のフェイスマスク。

まず、一体型のフェイスマスクのメリットは、保護する面積が広く、肌の露出をほとんど無くすことができます。

サバゲーフィールドでレンタルする場合、この一体型のフェイスマスクが主に使われることが多く、安全面からも初心者向けのフェイスマスクになります。

また、別にゴーグルやシューティングレンズ等、目を保護する物を買う必要がないので経済的ではあります。

一方、デメリットは、顔をすべて覆っているのでサバゲー中に息苦しさを感じたり、目を保護する部分が樹脂製の場合、曇ることが多々あります。

一体型のものの中に、冷却ファンが仕込まれていて、電池で小型扇風機が回り、曇りを軽減するものもありますが、効果は今一つです。

また、目を保護する部分がメッシュの場合、視界が悪く、見え辛くなってしまいます。

但し、安全面は抜群ですので初心者の方にとっては間違いないですね。

 

次に、分離型のフェイスマスクは、メッシュタイプのものを選べば、ゲーム中でも快適に呼吸ができ、吐息によるゴーグルやシューティングレンズの曇りを防ぐことができます。(とはいってもゴーグルやシューティングレンズ次第では、発汗や体温の関係で曇ることはあります。)

サバゲーで移動する時、走ることもありますが、そんな時、快適に呼吸できた方が楽ですよね。

ですので、息苦しかったり曇ったりするのが絶対イヤという人にはメッシュタイプがおすすめです。

また、ゴーグルやシューティングレンズを別に用意することはになりますが、メリットの方が大きいです。

サバゲーをやる上で相手を視認できることや狙い易くすることはとても重要です。

そのため、自分の顔の形や視界に合わせたゴーグル等を用意したくなります。

分離型であれば、自分の好みに合わせてゴーグルやフェイスマスクを組み合わせることができるので、サバゲーをやりこんでいけばいくほど、この重要性が分かってくると思います。

ただし、デメリットとしては、その組み合わせ方で若干肌が露出することもあります。

 

このように大別すると一体型と分離型の2種類になりますが、その中でも様々な種類のフェイスマスクに分けられますので紹介してきます。

 

通常のフルフェイスマスク

一般的なフルフェイスマスクで、顔はすべて覆うことができるので、安全面はピカイチ。

初心者には持ってこいのフェイスマスクですね。

但し、デメリットとしては通気性に欠けるため、こまめに曇り止めを塗ったり工夫が必要になります。

 

ファン付のフルフェイスマスク

一般的なフルフェイスマスクでは通気性に欠けていましたが、それを解消するために出てきたマスクがこのようなファンが付いたフルフェイスマスクになります。

中に冷却ファンが仕込まれていて、電池で小型扇風機が回り、曇りを軽減してくれます。

商品によっては効果がイマイチなものもありますが、試してみる価値はあります。

 

ハーフマスク

鼻から下を守ることができるのがハーフマスクです。

メッシュタイプのものが多く、一番の特徴は何と言っても通気性が抜群です。

網目から空気が出入りするのでサバゲー中でも曇ったり、息苦しさを感じることは一切ありません。

但し、ハーフマスクだけでは目を保護することができないため、ゴーグルとの組み合わせが必須になってきます。

 

簡易なフェイスマスク

鼻から下を守ることができる布製のフェイスマスクです。

布製ですので、もちろん当たると痛いですが、何もないよりはマシですね。

ベテランの人は通気性等を考慮してゴーグル+布製のフェイスマスクが多いです。

 

ネックスカーフ

顔までは行かず、首も通常なにも装着していないので当たれば痛いです。

ちょっとでも露出を減らしたい人や、サバゲーでもおしゃれに!という人はおすすめです。

 

サバゲー用フェイスマスクの選び方のポイント

ここからはフェイスマスクの選び方のポイントについて説明します。

これまで紹介したように、自分が下記のどの点を重要視するかによります。

  • 通気性
  • 安全性
  • 使いやすさ・着け心地
  • サバゲーにおけるスタイル

 

通気性

サバゲーは動き回ることが多いため、呼吸しやすい・曇らないといった点は重要になります。

通気性を重要視するのであれば、ハーフマスクか布製のフェイスマスクになります。

 

安全性

安全性を重要視するのであれば、間違いなくフルフェイスマスクになります。

視界が狭くなったり、通気性が悪かったりといったデメリットはありますが、完全に顔をガードしてくれるので、どうしても顔は守りたいという人にはフルフェイスマスクがおすすめです。

 

使いやすさ・着け心地

通気性・安全性と合わせて重要視する点は使いやすさ・着け心地ではないでしょうか?

やはり装備したときに違和感があったり、使いにくいものであれば意味がありません。

サバゲー中に集中できなかったりしてはいけないので、できるのであれば装着確認してから購入するのがベストです。

若しくはフェイスマスクをレンタルしているサバゲーフィールドがほとんどですので、フィールドに行った際に色々試してみるものいいかもしれません。

 

サバゲーにおけるスタイル

最後にサバゲーにおける自分のスタイルによっても、選ぶフェイスマスクが変わることになります。

近距離戦を得意とする人にとっては、素早く標的を見つけるためできるだけ視界が広かったり、曇らないように通気性が高いフェイスマスクになろうかと思います。

逆にスナイパーなど動きが少ないスタイルの人は、通気性等よりも、長時間同じ体制でも違和感なくフィットするものや、射撃の際に頬付けできるようなフェイスマスクを選ぶのも良いですね。

このようにサバゲーにおける自分のスタイルも考慮して選ぶ方法もあります。

 

サバゲー用フェイスマスク 種類別おすすめ10選

ここからサバゲーに使用できる各種類別のフェイスのおすすめフェイスマスクを紹介していきます。

 

フルフェイスマスク サバゲーで使えるおすすめ3選

まずは顔の完全防備フルフェイスマスクのご紹介です。

 

【おすすめ その1】 Sabsta 取外し型フルフェイスマスク

ブラック フルフェイスマスク ゴーグル バイク モトクロス ツーリング BMX マスク 取り外し可能 防風 防塵 装備 (クリア)

大きなレンズのゴーグルに、システマチックなマスクのカッコイイデザインのゴーグルとマスクが取外し可能なフルフェイスマスクです。

ゴーグル・マスクどちらにも通気口があるので通気性も良く、目のフチ周りは厚めでやわらかいクッション素材を使用しているので、サバゲーで長時間使用する場合でも痛くならない設計になっています。

後ろのゴムで大きさを調整できるので、女性や子供も利用することが可能です。

そして何よりコスパが優れているのでサバゲー初心者の方にもおすすめのフルフェイスマスクになります。

 

【おすすめ その2】 Sabsta ファン付プロゴーグル フルフェイスマスク

プロゴーグル フルフェイスマスク / サバゲー くもり防止ファン搭載 (ブラック)

曇らないファン付きゴーグルフェイスマスクです。

ゴーグルに、電動ファンが付いていますので、サバゲー中に激しい動きをしても曇りづらいです。

ファンは、弱と強の二段階の調節が可能!さらに電動ファンがついても300g程度と軽く作られています。

マスク自体は、フルフェイスマスクになっていますので、メガネを着用しても使用可能!

顔全体を守ってくれます。

サバゲーの時に困るゴーグルの曇りにお悩みのプレイヤーさんに!

おすすめのゴーグルフェイスマスクです。

 

【おすすめ その3】 Sabsta スチールメッシュ フルフェイスマスク

スチールメッシュ フルフェイスマスク スタンダード デザイン ゴーグル シンプル 初心者 装備

顔一面を保護できるスタンダードデザインのフルフェイスマスクになります。

ゴーグル部は、スチールメッシュなので至近距離で弾を受けてもプラスチックやレンズのように割れることがありません。

さらに、メッシュな上に、上部・マスク部に通気孔がありますので、サバゲー中でも視界が良く、曇ることがありません。

因みに似たような商品でゴーグル部がスチールではなくプラスチックの物がありますが、これはおすすめしません。

なぜなら、プラスチックについてはBB弾により割れる場合があり、実際に割れて失明されて人もいるようです。

ですので、ゴーグル部はスチール等金属のマスクにしましょう。

このフルフェイスマスクはとにかく安いのでサバゲー初心者さんの最初の装備におすすめのフルフェイスマスクです。

 

ハーフマスク サバゲーで使えるおすすめ3選

次にハーフマスクのご紹介です。

 

【おすすめ その1】 Sabsta  ハーフメッシュマスク ブラック

Sabsta ハーフメッシュマスク ブラック

スタンダードデザインのハーフメッシュマスクになります。

基本素材はスチールになりますので、弾が当たって割れたりすることはありません。

ダブルベルト仕様になっているので、ズレ落ちないようになっています。

とにかく安いので初心者さんにおすすめのハーフマスクになります。

 

【おすすめ その2】 Sabsta パッド付 ハーフメッシュマスク

Sabsta パッド付ハーフメッシュマスク ブラック

先程のハーフメッシュマスクが進化して、サイドに柔らかいパッドが入っており、頬付けも難なくクリアできます。

こちらもおすすめのハーフマスクになります。

 

【おすすめ その3】 Sabsta 耳までフルガード ハーフメッシュマスク

Sabsta 耳までフルガード ハーフメッシュマスク ブラック

耳までしっかりガードしてくれる、ハーフメッシュマスクです。

スチールメッシュ素材で、ぐるっと耳までガードしてるので、直接の被弾もダメージなし!

ワイヤーフレームなので、顔の形にフィットするように曲げることができます。

取り付けは、頭の後ろ側と、上側に回る二本のベルトで、ずれにくくなっています。

形を変えれるので、ゴーグルとの相性も抜群!

メッシュ素材なので、蒸れることがなく、ゴーグルも曇りません。

サバゲー初心者さんにも、玄人さんにもオススメの一品です!

 

 

布製のフェイスマスク サバゲーで使えるおすすめ3選

次に布製のフェイスマスクのご紹介です。

 

【おすすめ その1】 Sabsta  迷彩フェイスマスク

Sabsta 迷彩フェイスマスク

マイクロファイバー素材の迷彩柄フェイスマスクです。

伸縮性・通気性に優れて蒸れにくいので、サバゲーにおいて使い勝手がとてもいいです。

 

【おすすめ その2】 Sabsta  スカルフェイスマスク

Sabsta スカルフェイスマスク

マイクロファイバー素材のスカルフェイスマスクです。

伸縮性・通気性に優れて蒸れにくいので使い勝手がとてもいいです。

 

【おすすめ その3】 Sabsta バラクバラ フルフェイスマスク

フェイスマスク 目出し帽 バラクラバ バイク サバゲー

マイクロファイバー素材のフェイスマスクです。

目以外をすべて覆うことができ、その上からヘルメットを被ることもできます。

 

おすすめのネックスカーフ

次にネックスカーフのご紹介です。

 

【おすすめ】 Sabsta  迷彩ネックスカーフ

迷彩柄のネックスカーフです。

Sabsta 迷彩ネックスカーフ

 

基本的な使い方をマスターすればOK!フェイスマスクの付け方と手入れの方法

フェイスマスクの付け方

フェイスマスクにも種類がありますが、基本的にフェイスマスクの付け方は簡単です。

一般的なフェイスマスクには鼻を入れる空間があり、そこに鼻を合わせて、後ろ側のゴムバンドを後頭部にセットしてください。

ゴムバンドはキツ過ぎず、ゆる過ぎないように長さを調節してください。

下記の動画で何種類かのフェイスマスクの付け方を紹介してくれていて、

種類によってフェイスマスクの付け方が少し違いますのでご覧ください。

 

フェイスマスクの手入れの方法

金属製部分について柔らかい布などで汗・汚れを拭き取ってください。

パッド部分などについては基本的には取外しできませんので、汗・汚れは拭き取った上で十分に乾かしましょう。

布製品については、洗濯できるものが多いので、取扱説明書・洗濯タグに従い洗濯しましょう。

 

フェイスマスクとの組み合わせ

 

フェイスマスクと組み合わせるゴーグル サバゲーで使えるおすすめ3選

 

【おすすめ その1】 Sabstaタクティカルゴーグル

タクティカルゴーグル 防護 スノーボード スキー バイク ツーリング スポーツ 耐衝撃 UVカット 防風 防塵 (クリア)

ゴーグルの端と端がくっつくぐらいに超柔軟素材で、壊れにくく、装着時のフィット感も良いです。

目の周りには、クッションを配置、ゴーグル横と下に、通気口がありますので、サバゲー中でも曇りにくくなっています。

価格も安いのでサバゲー初心者の方にもおすすめです。

 

【おすすめ その2】 Sabstaシューティングゴーグル

シューティンググラス タクティカル ゴーグル バイク ツーリング 自転車 通気性

本格的なシューティンググラスデザインで、しっかりと衝撃から保護してくれます。

太めのバンドで、サバゲー中も、ズレなく保持力バツグン。

かんたん調節可能で、サバゲーで長時間使用しても痛くなったりが少ないです。

サバゲー以外にもバイクやスポーツにもオススメのシューティングゴーグルです。

 

フェイスマスクのカスタマイズ

サバゲーで使用するフェイスマスクは、通常サイズはなくすべてフリーサイズになります。

そのため人によっては大きかったり小さかったりします。(大きい場合が多いです)

下記の商品であれば頬に当たる部分については比較的柔らかい素材を使用しているため、自分の顔に合わせてカットしたり、色を塗ったりカスタマイズして楽しむこともできます。

サバゲーに慣れてきたらチャレンジしてみてもいいかもしれませんね。

スチールメッシュ フルフェイスマスク スタンダード デザイン ゴーグル シンプル 初心者 装備

 

サバゲー フェイスマスクのおすすめ10選についてのまとめ

以上、フェイスマスクの種類や選び方などについて説明してきました。

サバゲーをするのであれば、フルフェイスマスク 若しくは ハーフマスク+ゴーグル は用意しておきたいですね。

レンタルでも構いませんが、やはり知らない人が使用したものですし、フィールドによってはレンタル料金が発生したりします。

フルフェイスマスクだけであれば、1,000円程度で手に入りますので、とりあえずこれだけ購入するのもよいかもしれません。

ぜひ、自分に合ったお気に入りのフェイスマスクを見つけてくださいね。

コメントを残す

サバゲー装備品の専門店Sabastaです。 非表示