【エアガン 最強9選】サバゲーでおすすめの最強エアガンはこれ!!

エアガンは国産メーカーから海外製メーカーまで幅広く多くの種類がありますが、

ところで「サバゲーで勝てる最強のエアガンってどんなエアガン?」と思われた方はいるのではないでしょうか?

そこで今回、私が今まで使用してきたエアガン中でそれぞれのカテゴリーにおいて

サバゲーで勝てるおすすめ最強なエアガンを紹介させて頂きます。

 

飛距離で選ぶおすすめの最強エアガンはこれ!

ゲームで飛距離が良いエアガンを使用するということはすごいアドバンテージになります。

特に抗戦距離が長くなる野外フィールドでは必須の条件になってきます。

そこでおすすめの最強エアガンは 東京マルイ製 電動ガンM14 になります。

東京マルイ 電動ガンスタンダードタイプ U.S.ライフル M14 ウッドタイプストックver.

東京マルイ製 電動ガンM14

〇スペック

・全長   :1,127 mm(ショルダーレスト収納時)

・バレル長 :500 mm

・重量   :3,850 g(空マガジン装着、バッテリー含まず)

・使用BB弾:6mm BB(0.2〜0.28g)

・動力源  :8.4Vニッケル水素1300mAhミニSバッテリー(※1)+ 変換コネクター

・装弾数  :70 発

・種類   :アサルトライフル

この電動ガンの最大の特徴としては、初速が平均95近くと非常に高く、500mmのインナーバレルとのマッチングで遠距離射撃が出来るところです。

実際に私も所持していますが、この電動ガンほどカスタムせずに40m近くBB弾を飛ばすことの出来るエアガンはないと思います。

 

またバレルが長い分、命中精度及び消音性に優れ、マズル部分は14mmの逆ネジになっていることから、サプレッサーなどのアクセサリーを装着することでさらなる消音効果が期待できます。

さらに、使用するバッテリーはラージバッテリーを使用するので、サバゲーでどれだけ撃ちまくってもバッテリー切れの心配はありません。

ただし、この電動ガンは全長が長く、飛距離を伸ばすために、ほとんどのパーツが金属で出来ていることから、構えやすいもののかなり重いです。マウントベース(光学機器を乗せるためのパーツ)と光学機器(スコープやドットサイト等)を付けると4.5kgくらいになります。

 

また、アタッチメントをつけるためのレールシステムがついてない分カスタム性に欠けるデメリットがあります。

たしかにデメリットはありますが、スリングやバイポッド(ニ脚)を装着したり、追加でレールシステムを導入するとで、案外重さも拡張性も問題なくなってきたりします。

ですので、「あまり動かないでセミオート射撃をするミドルスナイパーや、ディフェンサーをしたい」と考えている方に是非ともおすすめしたい飛距離において最強のエアガンになります。

 

近距離戦で選ぶおすすめの最強エアガンはこれ!

近距離戦で重要になってくるのは、トリガーの切れの良さ(レスポンスの良さ)と 取り回しの良さです。

そんな二つの良さを持った、おすすめしたい最強エアガンは G&G 電動ガン FIREHAWK HC05 になります。

G&G 電動ガン FIREHAWK HC05

〇スペック

・全長   :543~628mm

・重量   :2,260g

・銃身長  :120mm(インナーバレル長)

・使用BB弾:6mmBB(0.2〜0.28g)

・装弾数  :300発

・動力源  :11.1vリポバッテリー

・定価   :37,500円(税別)

・種類   :アサルトライフル

この電動ガンのインナーバレル長は120mmとハンドガン並みで、極限までにコンパクト化されており、外装もプラスチックを多用しているので非常に軽く、取り回ししやすいです。

またこの電動ガンは中身に特徴があり、独特な形状のギアを採用し、秒間29ものハイサイクルを実現しているので、撃ち負けることはまずないでしょう。

さらに、現用のガンには必須のレールハンドガードを標準装備しているので、カスタムの幅もかなり広いのも特徴の一つです。

コンパクト・軽量で且つハイサイクルという点で、近接戦闘用のエアガンとしては最強のエアガンではないでしょうか。

 

さらに、多少トリガーレスポンスは悪くなるものの、コンパクトさから是非おすすめしたい最強のエアガンがもう1つあります。

その最強エアガンとは 東京マルイ製 電動ガン スコーピオン モッドM になります。

東京マルイ 電動コンパクトマシンガン スコーピオン モッドM

東京マルイ製 電動ガン スコーピオン モッドM

〇スペック

・全長   :337 mm / 565 mm(ストック伸長時)

・重量   :1,363 g

・銃身長  :182 mm

・使用BB弾:6mmBB(0.2〜0.28g)

・装弾数  :260 発

・動力源  :7.2VマイクロバッテリーEX・7.2Vニッケル水素マイクロ500バッテリー + EX変換アダプター

・種類   :サブマシンガン

この電動ガンの最大の利点はコンパクトな形状及び軽さにあります。

メカボックスに従来培ってきたノウハウの詰まった電動ガンの性能を小型のメカボックスに凝縮することで、命中精度や飛距離を保ったまま、コンパクトなスタイルになっています。

また必要最低限以外のパーツに樹脂を多用することで、非常に軽いです。

 

さらに、ハンドガード部分に最新のレールシステム「M-LOK(エム・ロック)」(M-LOK(エム・ロック)とは必要な部分に、用途に合ったサイズのレールを増設することができるシステムであり、無駄なレールによる重量の増加及びハンドガードの握りにくさを大幅に改善してくれます)を標準採用しており、拡張性が高いです。

このモデルでは幅20mm(ピカティニー規格)のM-LOKレールを3スロット、5スロット、7スロットの3種類、各1枚付属しており、付属の六角レンチで簡単に脱着可能です。

そして、このスコーピオン モッドMでは、フォールディング・ストック(折りたたみ可能なストック)を備えています。

樹脂製で軽量なストックをさらに折りたたむことでさらにコンパクトになり、ハンドガン並みのサイズになります。

折りたたむと、バットプレート部をフォアグリップのように握ることもできます。

 

以上の様に、非常に取り回しが良くCQC(近接戦闘(屋内))等にベストマッチするので、

インドアフィールドに行く方や機動力の必要なアタッカーの方には是非おすすめしたい、近距離戦用最強のエアガンになります。

 

命中精度で選ぶおすすめの最強エアガンはこれ!

サバゲーをするにあたり、命中精度も必要になってくる項目です。

命中精度が良いエアガンとはどのようなエアガンなのでしょうか?

その答えはボルトアクションエアライフルになると思います。

 

ボルトアクションエアライフルとは一発一発弾を装填するライフルのことであり、

コッキングハンドルを手動で操作するため常に安定した動作が出来ることから安定性(命中精度)が得られます。

 

このボルトアクションライフルではおすすめしたい最強のエアガンは3種類あります。

まず一つ目に紹介したい最強のエアガンは 東京マルイ製 ボルトアクションエアライフルM40A5 になります。

東京マルイ ボルトアクションエアーライフル M40A5 ブラックストック

東京マルイ製 ボルトアクションエアライフル M40A5

〇スペック

・全長   :1,200 mm

・バレル長 :280 mm

・重量   :3,400 g

・使用BB弾:6mm BB(0.2〜0.28g)

・動力源  :エアコッキング式

・装弾数  :35 発

・種類   :スナイパーライフル(ボルトアクションライフル)

このエアガンはなぜ命中精度が良いかというと、製作会社であるマルイが「精確無二」をスローガンにM40A5専用の長距離ベンチテスト装置を導入し、正確なデータの収集をすることで、妥協が無い内部構造を実現したからです。

他にも狙撃に対するこだわりが感じられる点があり、それは、トリガーシステムに「アクチュエーター」を追加することで、トリガーを引いている最中のシアー解放位置(BB弾が発射される位置)が把握しやすくなっていることです。

また、トリガーのストロークやトリガープルも自分好みに調整可能です。

実際に私もこのM40A5を試射させて頂きましたが、命中精度の高さトリガーの扱いやすさには度肝を抜かれました。

そして、ボルト操作の有無が一目でわかるインジケーターと、コッキング中のハンドル誤操作を防ぐボルトハンドルロック機構を搭載していることで、確実かつスピーディな操作が可能である点も、非常に良いところだと思いました。

 

デメリットとしては、前に書かせていただいたM14と同様重量が重いです。

ただ、M14とは異なり、亜鉛ダイカスト製のサーマルビジョンマウント(上部と左右に幅20mm(ピカティニー規格)のマウントレイル)や幅20mm(ピカティニー規格)に対応したスコープやドットサイトが装着可能な光学サイト用のマウントベース、ストックの側面と底面に、合計6つのQDマウントを標準装備していることから拡張性に優れています。

 

以上の点を踏まえても、デメリットをはるかに打ち消すメリットが多くあるので、

命中精度にこだわるスナイパー志望の方にとっては最強のエアガンになるのではないでしょうか。

 

次におすすめしたい最強のエアガンは、KTW製 M70・SPR・A4 になります。

KTW製 M70・SPR・A4

〇スペック

・全長   :1,130 mm

・バレル長 :300 mm

・重量   :3,500 g

・使用BB弾:6mm BB(0.2〜0.28g)

・動力源  :エアコッキング式

・装弾数  :-発

・定価   :75000円

・種類   :スナイパーライフル(ボルトアクションライフル)

KTWってどんな会社だろう」と思われた方、いるのではないでしょうか?

KTWは他社と競合しない機種を選び、独自の機構を採用することを基本としており、主にボルトアクションエアライフルを製作している会社になります。

もともとボルトアクションエアライフルをメインに製作されていることだけあって命中精度は他社製に比べて群を抜いていますが、この【M70・SPR・A4】というエアガンは特にその中でもずば抜けています。

 

命中精度が高い理由は、チャンバー機構に関して、初代がゴムのOリングで、じわっとチャンバーパッキンに圧をかける方法であったものを、2代目はゴムではなく金属パーツでダイレクトに圧力をかけ、3代目はその金属パーツがC形(片持ち)であったものをO形(両持ち)に変えるという経験と実績から3度仕様変更してきたためだと思われます。

このエアガンの最大のデメリットはその価格の高さにあると思いますが、技術の結晶が詰まったボルトアクションエアライフルなので、金額に糸目をつけない方に是非ともおすすめしたい最強のエアガンになります。

 

最後3つ目におすすめしたい最強のエアガンは 東京マルイ製 VSR-10 Gスペック になります。

 

東京マルイ製 VSR-10 Gスペック

〇スペック

・全長   :950mm / 1,135mm (サイレンサー装着時)

・バレル長 :303 mm

・重量   :2,090g

・使用BB弾:6mm BB(0.2〜0.28g)

・動力源  :エアコッキング式

・装弾数  :-発

・定価   :25800円

・種類   :スナイパーライフル(ボルトアクションライフル)

このエアガンの最大の魅力は独自規格のチャンバーを採用したことによる命中精度及びストックを樹脂製にすることにより、全体重量は2,090gと軽く、大型のスコープを装着しても取り回しが良い点です。全長がたった950 mmしかないのでCQC(近接戦闘)にも対応できます。

また一般のVSRプロスナイパーに対し、Gスペック専用のサイレンサー(一般的なM14逆ネジと違って、スコープ側がオスネジで正ネジ仕様となっている)が標準装備されるのも魅力の一つです。

このサイレンサーは専用に設計されたものになるので、消音効果は極めて高いです。

 

さらに、今まで取り上げてきたボルトアクションエアライフルの中で一番価格が安いので、初心者の方でスナイパーポジションをしてみたいという方には是非おすすめしたい最強のエアガンになります。

 

ゲームフィールドを選ばないおすすめの最強エアガンはこれ!

近接戦闘から遠距離まで、幅広く使用できるエアガンを購入したいと考えている方もいるのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめしたい最強のエアガンを2つ紹介させて頂きます。

 

まず、おすすめしたい最強のエアガンは 東京マルイ製 次世代電動ガンCQB-R ブラックモデル / フラット・ダークアース というエアガンになります。

東京マルイ 次世代電動ガン CQB-R ブラックモデル

CQB-R ブラックモデル / フラット・ダークアース

〇スペック

・全長   :705mm/780mm(ストック伸長時)

・バレル長 :275mm

・重量   :3,370g

・使用BB弾:6mm BB(0.2〜0.28g)

・動力源  :SOPMODバッテリー

・装弾数  :82発

・種類   :アサルトライフル

全てのフィールドで使用出来るエアガンに必要な条件は近接戦闘時の取り回しの良さ射程距離の長さ命中精度の良さ拡張性の良さ の4項目が必要になってきます。

そんな項目すべて満たしているのがこの CQB-R になります。

 

この電動ガンは、バレルの長さがかなり短いので取り回しの良さは抜群です。

実際に私もこの電動ガンは所持しているのですが、狭いインドアフィールドでもハンドリングはしやすく、ドアや壁にバレルを当てることなく、気を使わずに素早くルームクリアリングできます。

またさすがマルイ製とあって、初速も90代と安定したホップアップ機構のおかげで、命中精度及び飛距離も十二分に良いです。

さらに、レールアダプターシステム「R.A.S.」を標準装備しており、ドットサイトやレーザーサイト、バーティカルグリップやフラッシュライトなどのさまざまなアクセサリーを装着できるようになっております。

 

ゲームシチュエーションに応じて素早くメインアームのセッティングができるのは大きなアドバンテージになるので、是非ともオールラウンダーをしたいと考えている方におすすめしたい最強のエアガンになります。

 

次におすすめしたい最強のエアガンは システマ社製 プロフェッショナル トレーニング ウェポン(Professional Training Weapon)トレポン というエアガンになります。

 

システマ社製 プロフェッショナル トレーニング ウェポン(Professional Training Weapon)トレポン

〇スペック

・全長   :―

・バレル長 :―

・重量   :―

・使用BB弾:6mm BB(0.2〜0.28g)

・動力源  :リポバッテリー

・装弾数  :―

・定価   :130000~円

・種類   :アサルトライフル

サバゲーをしていると耳にしたこと、目にしたことがあるのではないでしょうか?

しかし、販売しているお店も限れており、いまいちよくわからない方もいるかと思います。

ではそのトレポンとはどういったエアガンなんでしょうか?

 

トレポンとは東京マルイなどが出すトイガンとして作られた銃と同じ方向性のものではありません。

主にアメリカの軍隊や警察などのトレーニング(訓練)に使われることを前提として作られたエアガンで、本物の銃を扱う人が練習するためのエアガンです。

そのため細部まで限りなく実銃に近い作りになっているのが特徴です。

 

また、トレポンの特筆すべき特徴はセミオートのレスポンスの良さ命中精度の高さ圧倒的な剛性と汎用性の高さにあります。

セミオートのレスポンスの高さは異常なレベルです。

他の電動ガンにはない独自のモーターとメカボックス(内部構造)を有しているため、トリガーに指が触れただけで発射されます。

 

命中精度もズバ抜けています。

遠距離レンジになってくるとボルトアクションエアライフルに軍配が上がってくるのですが、30 m以下のレンジになってくると本領発揮してきます。

私の持っているトレポンでは射程20 mでは誤差が5 mm以内であり、ゲーム中では相手の指先を狙撃出来てしまうほど精度が良いです。

剛性は当然よく、もともとは軍人さんが実銃の訓練に使うエアガンなので、他のエアガンと比較したときの剛性は桁違いです。

これはあくまで聞いた話なのですが、壁に思いっきり激しくぶつけた方がいたそうですが、トレポンは無傷で壁に大穴が開いたそうです。

 

そして、汎用性は尋常の幅じゃありません。

先ほど書かせていただいたスペックを見て頂けると分かるかと思いますが、表記がないですよね。

そうです。

トレポンはあくまで組み立てキットなので外装から中身まで自分の好きなように表現すること出来るのです。当然、実銃とサイズが同じなので実物のパーツも取り付けが可能です。

 

さらに、メンテナンスが非常に簡単です。

内部メカボックスの作りなどもほかのエアガンとは違うのですが、他社のエアガンもカスタムしていた身からすると扱いやすさは天地の差があります。

 

ただ、最大のデメリットとして価格が非常に高いです。

安く抑えても13万円、拘れば軽く40万円近くいく代物です。

ただ、長い目で見てサバゲーを楽しむならトレポンは決して高い買い物ではないと思います。

色々な電動ガンを買ってステップアップしていってもやはり同じくらいかかってしまうのです。

 

ですので、回り道をして、サバゲーを楽しむのも一つの楽しみ方ではあると思うのですが、最初から一生相棒になるエアガンを買うのも一つの方法ではないでしょうか?

トレポンは初心者から上級者まで是非おすすめしたい最強のエアガンになります。

 

リアルさで選ぶおすすめの最強エアガンはこれ!

必要最低限の性能があれば満足で、やはり本物に近い動作、フィーリングを楽しみたい方もいるのではないでしょうか?

そんな方におすすめしたい最強のエアガンは 東京マルイ製 ガスブローバック M4A1 MWS です。

東京マルイ ガスブローバックマシンガン M4A1 MWS

東京マルイ製 ガスブローバック M4A1 MWS

〇スペック

・全長   :777 mm / 854 mm(ストック最大伸長時)

・バレル長 :250 mm

・重量   :2,970 g

・使用BB弾:6mm BB(0.2〜0.28g)

・動力源  :専用ガス(ガンパワーHFC134aガス又はノンフロン・ガンパワー)

・装弾数  :35発

・種類   :アサルトライフル

特徴の一つとしてまず、外観のリアルさが挙げられます。

打刻によるコルトの刻印とセラコート仕上げ(セラコートとは、塗膜が強く耐擦過性に優れたミルスペック塗料であり、このエアガンではアッパー/ロアーフレームとボルトに採用されています。)による塗膜が厚くなくマットな仕上げは本物と見間違えてしまうほどリアルです。

また細部のサイズもリアルサイズなので実物パーツも無加工で取り付けが可能です。

 

そして、外見だけでなく中身の動作や仕組みもリアルです。

セレクターは実銃同様ハンマーが落ちていなければ、セフティには入らない仕組みになっており、又、チャージングハンドル操作による初弾の装填や、ボルトオープンとマガジンチェンジ後のボルトキャッチ操作、長さを6段階に調整できるエンハンスド・ストックなど、本物同様の機能を忠実に再現しています。

さらに、本物に近い形でフィールドストリッピング(メンテナンスのための通常分解)が行なえるのも特徴です。

 

では、「リアルなのは分かったけど性能はどうなの?」と思われ方もいるのではないでしょうか?

性能は正直言いますと、ガスブローバックライフルのカテゴリーの中ではかなり良いです。

フルストロークのガスブローバックライフルとしては、ボルトスピードが速く、ビシッとした鋭さ、そして専用のブローバックエンジンにシリーズ最大級・直径19mmのシリンダーを内包することによって、かつてないほど強烈なリコイルショックを楽しむことが出来ます。

 

また、マガジンの独自設計により、冷えにも強く、温度変化にあまり変化されない安定性を有しています。(一般的にガスガンはタンクに液体ガスを充填し、それが気化したガスのガス圧を利用してBB弾を発射するのですが、弾を発射すればするほど圧力の関係で温度気化ガスが減り、性能が低下します。)

さらに、このエアガンから採用されたボルトキャッチの磨耗・破損を防ぐ新機構Z-システム、ボルト作動による内部パーツへの負担を軽減するピストン・アブソーバーやフリクション・レリーフ・ボルトローラー、反動による緩みを防止して常にバレルのセンターを出すバレルクランプ機構など、強烈なリコイルショックへの耐久性を向上しています。

そして、このエアガンはエアガンとして必要な命中精度も兼ね備えており、また、カスタムの幅を広げる、フラッシュライトやフォアグリップなど、ピカティニー規格(20mm幅)に対応した各種オプションパーツが装着可能なハンドガード上下左右の4面にマウントレイルを配したR.A.S.(レール・アダプター・システム)を装備しています。

 

ですので、サバゲーも楽しみたいけど、ライフルとしてのリアルさも楽しみたい方には是非ともおすすめしたい最強のエアガンになります。

 

最強のエアガン まとめ

今回は一般的に購入して満足するエアガンの中からおすすめしたい最強のエアガンを各項目において、「電動ガンM14」、「電動ガンFIREHAWK HC05」、「電動ガン スコーピオン モッドM」、「ボルトアクションエアライフル M40A5」、「M70・SPR・A4」、「VSR-10 Gスペック」、「CQB-R ブラックモデル / フラット・ダークアース」、「トレポン」、「ガスブローバック M4 MWS」の9つを選ばせて頂きました。

 

もしかしたら、今回おすすめした最強のエアガンの中で自分にピッタリこない方もいるかもしれません。

そういった方には、是非、自分のしてみたいプレースタイルに合わせたエアガンをフィールドやお店で試射し、ピンときたものを選ぶのが一番だと思います。

私の場合はMP5でした。今でも良き相棒です。

 

この記事により、みなさんのエアガン選びの役に少しでも立ち、お気に入りの一丁を購入されることを願っております。

 

 

コメントを残す

サバゲー装備品の専門店Sabastaです。 非表示